階段構造のシェルフでレイアウトを楽しんでいます

"自室で使っているシェルフが私のお気に入り家具です。10年くらい前にロフトで買いました。
アルミのパイプに木の板をはめ込むタイプのものですが、棚板の奥行きが上は狭く下に行くほど広い構造、つまり階段状になっているのです。それが気に入ってる一番の理由です。
デザインに惹かれて買ったのですが、実際に使ってみるとこの階段状というのが、置くもののレイアウトがしやすく、使い勝手がたいへんいいのです。
上のほうに小さな観葉植物やフォトフレームを置いて、下のほうの段に本や雑誌を入れる、という使い方を基本的にしています。下段の本を取り出しやすいというのも階段構造ならではです。
それと、見た目の変化が楽しめるのでしょっちゅう「模様替え」をしています。
このレイアウト、模様替えの楽しみも、階段状というデザインならではだと思っています。"

関連サイトとなります