借り換えと買い替えどちらが有利?

住宅ローンの借り換えを考える人は「そのまま、現在の住宅へ住み続ける」という考えの人が多いでしょう。

ただ、バブル期に「狭くて高い住宅」を買ってしまった人が「広くて安い住宅」へと住み替えるならば、買い替えローンを活用するという方法もあります。住宅ローンの借り換えよりも、買い替えの場合には「タイミングを考慮する」ということが大事です。

「自宅を売ってから、新しい住宅を買うのか」「新しい住宅を買ってから、自宅を売るのか」を考えることが必要となるのです。住宅ローンの借り換えの場合には、そういうタイミングの問題は考慮しなくてすみます。

しかし、用意できる資金の金額や、住み替えを考える地域によっては「今より広い住宅を、安価で購入できる」という場合もありますので、考える価値はあるでしょう。今住んでいる自宅を売ってから、新しい住宅を購入するという方法ですと、資金計画が立てやすいというメリットがあります。

しかし、新しい住宅を手に入れるまでの仮住まいをどうするか、新しい住宅を選んでいる時間があるか、といったことは考えなければなりません。

また「新しい住宅を買ってから、今住んでいる家を売る」という場合には、一時的とはいえ「ローンが重なる」という時期が存在しますので、審査を通過しづらかったり、多少は買い叩かれてでも、現在の住宅を売らなければならない、という切羽詰った状況が発生するかもしれません。

住宅ローンの借り換えと買い替えは「自分や自分の家族には、どちらがあっているか?」を考えて選ぶ必要があるといえます。

関連サイトとなります