イオン銀行住宅ローン

イオン銀行住宅ローンは「万が一の場合の備え」を充実させることで、利用者の不安を軽減するという、非常に特徴的なサービスを展開しています。

もしも、急病・怪我・事故・火災などにあってしまい、住宅ローンの返済ができなくなった場合には、従来は「金融機関との相談次第で今後が決まる」ということが、多かったのです。

イオン銀行住宅ローンは、万一、利用者が死亡をしてしまったり、所定の高度障害状態に該当する状態になった場合には、ローン残高相当額の保険金が支払われ、それが住宅ローンの返済に充当されるという仕組みがあります。

さらに「8疾病保障付住宅ローン」を選べば、利用者が「3大疾病(ガン、脳卒中、急性心筋梗塞)」になった場合や、そのほかの重度慢性疾患にかかった場合にも、ローン残高相当額が保障され返済に充当される、という仕組みがあります。

ちなみに、こうした仕組みがない住宅ローンを利用するならば、住宅ローンの延滞が発生した期間・金額によっては、その分を一定の期間内に分割して、その間の返済額に上乗せしてもらう、といった方法を使ってくれるケース、場合によっては、据置期間として「利息のみ」の返済をするという方法を提示してくれるケースもあります。

また住宅金融公庫などは「新特例措置」という制度があり、昨今の不況を原因とするリストラや業績悪化による減収が原因で返済ができなくなった場合には、15年間の返済期間延長ができる、という制度も利用できる場合があります。

関連サイトとなります

安い引越し業者はどこ!?格安の引越し業者検索bloghttp://ameblo.jp/warabibi1212/