借り換えを急いだほうがいい理由

住宅ローンを借り換える目的は「低い金利のローンに換えること」「返済総額を減らすこと」でしょう。この根本的な考えは常に持っておいてください。その点から、住宅ローンの借り換えを急いだほうがいい理由を考えましょう。

まず「今後、金利は上がる可能性がある」ということです。日本銀行が2006年7月には、ゼロ金利政策の解除を決定したことは、まだまだ記憶に新しいところです。

さらに、2007年2月には、政策金利(短期金利)の誘導目標を0.5%に引き上げる(現行は年0.25%)ことになったのです。もう、超低金利時代は終わりました。住宅ローンは額が大きく、返済総額のうち金利部分だけでも相当の金額になります。

金利の変動は、パーセンテージとしては小さい数字ですが、住宅ローンの借り換えをするときには、参考にすべき大事な数値です。

また、かつて「ゆとり返済」や「ステップ返済」という、借入をしてからしばらくは、返済総額が少なくて済むといった住宅ローンが提供されていたこともありますが、あまりにも「数年後には稼げるようになるかもしれない!!」という安易な気持ちで借入る人がふえ、結果的には自己破産をする人も多かったために、この制度は廃止されています。

このような「危機意識が低いままに、住宅ローンを組んでしまっている人」がけっこうたくさんいるとは思いますが、住宅ローンの借り換えを考えるなら「今度こそ!!」は慎重になりましょう。また「返済総額を減らす」という観点を常に持つようにしましょう。

返済期間を長くとったとしても、返済総額が変わらなければ、基本的には家計への負担は同じ(むしろ老後までローンの返済に追われる可能性もある)と考えましょう。

関連サイトとなります

信頼度が高い消費者金融業者を探しているのであれば・・・