住宅ローン借り換えにもリスクはある

一言で表すなら「初めの返済額が低い返済方式は利用しないほうがいい」と言えます。

住宅ローンは返済期間が数十年にわたることも珍しくありません。そのときに「必ず仕事がある」とはいえない世の中になっています。返済を始めるときの返済額が低いローンは「ローンの返済を先延ばしにしているだけ」という面があるのです。

住宅ローン借り換えを考える人は「一時的に低い金利」「一時的に少ない返済額」に騙されることなく「返済総額がいくらになるのか」「返し終わるときに、自分は何歳になっているのか」を考えて、借り換えの計画を立てることが必要です。

ちなみに「親や親戚から借りる」という場合もこれは同じで「返すべき期間に、ずっと仕事があって返済能力を保つことができるか?」ということは、考えておく必要があるのです。

それをしないで、お金を借りようとするのは大変失礼です。これから住宅ローン借り換えをする人は、「今後は金利が上がる」という考えをもっておくことも、必要です。

また、住宅ローンを借り換えるという行為そのものにも、費用がかかります。今までの住宅ローンをいったん完済して、新しいローンを新たに組みなおす、という手続きになるためです。

こうしたリスクをよく知るということが、住宅ローンを借り替えて快適な生活を送るための秘訣です。より快適な生活を求めて、借り換えを行うのに、借り換えたことが生活を圧迫するようになっては意味がありません。その点を心してローンを借り換えましょう。

関連サイトとなります